一日葬とは

大阪市旭区 一日葬

一日葬とは告別式と火葬のみを行い、お通夜をしないお葬式です。
これまでお葬式といえば、お通夜を行い、翌日に告別式と火葬をするのが一般的でしたが、家族葬など小規模なお葬式が増加したと同時に、一日葬を選ぶ方が増えています。お通夜を行わないことから、時間・費用の負担を抑えることができます。

旭区のお葬式屋さん 一日葬

一日葬はこんな方におすすめ

  • できるだけ費用など負担を抑えたい方
  • 火葬だけでは寂しいのでお別れする時間を取りたい方
  • 参列する人数が比較的少ない方
  • 自宅での安置が可能で、告別式以外の日もお別れの機会を設けられる方

あさひ葬祭の一日葬はこちら

お葬式といえば、お通夜を行って翌日に告別式や火葬を行うイメージが強いのではないでしょうか。しかし最近では一日葬=お通夜をしない形態のお葬式が増加しています。一日葬は遺族の方々の負担を抑え、ゆっくりとお別れができるお葬式の形態です。

一日葬の流れ

死亡確認後、まずは病院など亡くなった場所から自宅または安置施設まで故人を搬送します。

そして告別式・火葬当日または前日に、納棺をして葬儀をする式場に移動となります。式場についてから納棺をすることもあり、安置場所や式場のルールなどによって異なるため、実際の流れは確認をしておきましょう。

そして式場で告別式を行い、火葬場に移動をして荼毘します。火葬中に精進料理を食べることも多いですが、最近では休憩室や車やロビーで待機しているということもあります。火葬が終わったら、骨壷にお骨を納める「収骨」を行って終了です。

お通夜という形態で儀式は行わないものの、告別式の前夜に遺族、親族が集まり、生前お付き合いのあった方々にお参りいただき、お別れを済まされることもございます。お通夜を行わない分、前日の夜を自由に過ごせるのも、一日葬の特徴です。

一日葬のメリット

一日葬のメリットはは以下のようなことが考えられます。

  1. 費用を抑えられる
  2. 遺族や参列者の負担が軽減される
  3. お別れの時間をしっかりとれる

費用を抑えられる

一日葬の1つ目のメリットは、2日間のお葬式よりも費用が抑えられることです。2日間のお葬式を行う場合には、2日分の人件費、お通夜の後に参列者をもてなす「通夜振る舞い」のための飲食代、2日分の式場使用料がかかります。

しかし一日葬であれば、これらの費用を省くことができます。その分の費用を抑えることができるので、例えばお花をもっと豪華にしたり、棺のランク上げるなど他の部分に費用をかけることも可能です。もちろん葬儀費用全体をそのまま低価格で行っても問題ありません。

遺族や参列者の負担が軽減される

一日葬の2つ目のメリットは、ご遺族や参列者の負担が軽減されることです。
2日間行われるお葬式では、遺族は2日間参列者の対応に当たらねばならず、その心理的・肉体的負担は大きいです。
また遠方からの参列者に二日間参列していただくには、葬儀場またはホテルに宿泊していただく必要があるため、参列者にとっても負担になります。一日葬であれば、葬儀にかかる時間はだいたい半日ほどです。ご遺族にとっても参列者にとっても負担が少なくなります。

お別れの時間をしっかりとれる

一日葬の3つ目のメリットは、お別れの時間をしっかりととれることです。
お通夜や告別式を行わない火葬式の場合には、自宅か付き添える霊安室であればお時間も取れますが、斎場の霊安室では5分〜10分ほどしか時間が頂けませんのでご了承ください。
しかし一日葬の場合には、告別式を行うので、火葬前に1~2時間程度お別れの時間をとることができます。
そのため、費用や負担を抑えたいけど、火葬だけでは寂しいという方から選ばれることが多いです。

一日葬のデメリット

一日葬はメリットも大きい反面、デメリットとして注意すべきこともあります。一日葬のデメリットも大きく3つです。

  1. 参列できない人が多く出る可能性がある
  2. 1日単位で借りられない葬儀場もある

参列できない人が多く出る可能性がある

1つ目のデメリットは、お葬式に参列できない方が多く出る可能性があることです。
お通夜を行う場合には、お通夜は通常午後18時か19時の開式が多く、読んで字の如く夜を通してお通夜となりますので夜遅くにお仕事を終えられてから弔問に来られる方もいらっしゃいます。
また2日間にかけて行われるため、どちらかの都合のいい日程で参列することも可能です。
しかし一日葬は、1日だけ、しかも日中に行われるため、どうしても参列できない方が出てくる可能性があります。そのため、より多くの方にお別れいただきたい場合には、2日間のお葬式を行うことをおすすめします。または告別式の日までご自宅で安置をし、ご自宅に来ていただいてお別れをいただくという方法もあります。

1日単位で借りられない葬儀場もある

2つ目は、1日単位で葬儀場を借りられない可能性もあることです。
葬儀を行うために葬儀場を借りる場合、葬儀場によってはお通夜と告別式を行うことを前提に、2日単位での貸し出しのみとなっていることがあります。

1日葬の増加に伴い、1日単位の貸し出しができる場所も増えてきてはいますが、まだ2日間お葬式を行う前提で貸し出しをしている葬儀場が多いです。お通夜を行っても行わなくても2日分の式場使用料がかかるため、式場使用料を抑えることができません。
そのため費用を抑えられるというメリットが小さくなります。

2日間式場を借りる場合には、前日に準備を行うことになります。また、前日はお通夜などの儀式的なことはせず、故人と自由に面会やお別れをできる時間として時間を設けておくという選択肢も検討してみてください。そうすることで1つ目のデメリットである、お別れできない人が出てくる可能性を下げることができ、お一人で多くの方にお別れして頂けます。

お葬式を行いたいと思っている葬儀場が、1日単位での貸し出しが可能か、2日単位での貸し出しのみかは、葬儀場もしくは当社までお尋ねください。

あさひ葬祭の一日葬はこちら

関連記事

  1. 自宅葬 旭区のお葬式屋さん あさひ葬祭

    自宅葬について

  2. 大阪市旭区 家族葬

    どんなお葬式がいいの?お葬式の種類と選び方

  3. 旭区のお葬式屋さん あさひ葬祭

    大阪市旭区での家族葬

  4. 大阪市立鶴見斎場 あさひ葬祭

    北斎場でのお葬式もお任せください。

  5. お寺での家族葬