どんなお葬式がいいの?お葬式の種類と選び方

大阪市旭区 家族葬

近年は一日葬や家族葬などお葬式の種類が増え、どのようなお葬式を選べば良いのか迷われる方も多いのではないでしょうか?
ここではお葬式の選び方やそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

お葬式の種類を選ぶときの注意点

お葬式を選ぶ際に参考にしていただきたポイントをご紹介します。

参列する人数でお葬式を選ぶ

お葬式に参列される方々の人数もお葬式を選ぶ際のポイントになります。「参列するのは親族のみ」なのか「生前顔が広かったため、大人数の参列が考えられる」のかで選ぶべきお葬式の種類が変わります。

故人の希望で選ぶ

もし故人が生前に、お葬式について希望を話していたり、書面で残しているのであれば、その希望をできる限り叶えてあげたいと思います。
そのためには、その希望にあったお葬式の種類を選ぶ必要があります。

宗教で選ぶ

信仰している宗教がある場合には、基本的にはその宗教の教えに沿った形でのお葬式を行います。
それを無視してお葬式をしてしまうと、お墓に入れないなどその後の供養に苦労する可能性があるので注意が必要です。

お葬式の種類

一般葬と家族葬

一般葬とは、生前付き合いのあった会社関係の方やご近所の方なども参列する従来の一般的なお葬式です。
多くの方にお別れしていただけるというメリットがあります。参列者の方々からご家族が知らない故人の一面を知ることができたり、故人の人柄を深く知ることができるのではないでしょうか。多くの参列者がお別れに来られるため、葬儀費用がかかってしまいますが、香典をいただけるため費用負担はそれほど大きくありません。葬儀費用の半分程度を香典で補える場合もあります。
また、お葬式に参列してくださった方々へ失礼がないよう、ご遺族は挨拶に回るなど対応に追われてしまうこともあります。参列者への香典返し、振る舞う料理の内容など準備することも多くなります。

家族葬とは文字通りご家族や親族、その他親しいご友人など少人数で行うお葬式のことです。近年は家族葬を選ぶ人が増えており、家族のみでお葬式を行うため、参列者に挨拶に回ったりおもてなしをする必要が無いので、心置きなくお別れの時間を過ごすことができます。参列者へ振る舞う料理や香典返しにかかる費用負担を抑えることもでき、少人数であれば小さい式場を借りることもできるので、一般葬よりも式場使用料を抑えることができます。返礼品を用意すること少なく、料理に関してもご家族だけであれば気を使うことなう自由に選んでいただけます。

家族葬のデメリットは伝統的な慣習を重視されるご親族から、家族のみで行うお葬式に理解を示さない可能性があります。また、遠い親戚だからなどの理由でお葬式に招かないと後々トラブルに発展してしまうこともあるのでご注意してください。

家族葬の費用面に関しても一般葬に比べて費用を抑えることはできますが、香典をいただかないため、お葬式にかかる費用を全額負担することになります。そのことから一般葬よりも費用負担が多くなる場合もあるのでご注意ください。

こんな方には一般葬がおすすめ

多くの方にお別れいただける一般葬は「生前顔が広かった」「故人が若く、付き合いのある人が多い」という場合にオススメです。もしそれでも故人の希望や、遺族の負担を考慮して「家族だけのお葬式」を選ぶのであれば、訃報を伝える際には「家族だけで執り行います。」ということをきちんとお伝えする必要があります。

こんな方には家族葬がおすすめ

家族葬は「故人が高齢でお付き合いのある方が少ない」「家族だけでゆっくりお別れをしたい」場合にオススメです。繰り返しになりますが、家族葬を行う場合には、家族以外に訃報を伝える際に「家族だけで執り行う」という旨を必ず伝えましょう。また香典や弔電を辞退する場合にも、その旨を伝えましょう。

あさひの家族葬

あさひ葬祭では近年増えている家族葬のプランを充実させ、ご遺族の方々に最適な葬儀プランをご提案させていただきます。

従来の家族葬プランよりも祭壇をボリュームアップさせ華やかにお見送りしていただけます。
他にも一日葬やお通夜・告別式を行わずお見送りのみを行うお別れ葬もご相談ください。お葬式の種類それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかり把握し、お葬式に参列される方の数、故人の希望、宗教的な問題を考慮してお葬式を行うようにしましょう。

関連記事

  1. お寺での家族葬

  2. 自宅葬 旭区のお葬式屋さん あさひ葬祭

    自宅葬について

  3. 旭区のお葬式屋さん あさひ葬祭

    大阪市旭区での家族葬

  4. 大阪市立鶴見斎場 あさひ葬祭

    北斎場でのお葬式もお任せください。

  5. 大阪市旭区 一日葬

    一日葬とは